子供の頃の大切な教育

将来の為の生活力を身に付ける教育 教育は、教えて育てる事であり、一人の人間を 望ましい状態にさせる為に、心と体の両面に働きかける事です。教育を受ける事によって、知識を増やしたり、技能を見につけたり、人間性を養ったりしつつ、その人が持つ能力を引き出そうとする事です。小学校一年生から中学三年生までは、義務教育といい、誰にも受ける権利があります。そして、この期間に勉強だけではない大切な事を学び、社会人として世に出る訓練をしていきます。

高校・大学などは、義務ではないですが、自ら学びたい人は学び 就職や進路の幅を広げる為に学習に励みます。また、職業でも、工業や商業の専門の高等学校や大学、専門学校などがあったり、徒弟制度やインターンシップの体型もとる大工、農業、工学、医師、建築家、芸術家などの分野があります。幼児・児童の間は、こどもの自発的な学びを尊重すべきとの考えも強くなってきています。教えをこどもに叩き込むのではなく、自分の考えで行動できるようにする方向に変わってきています。

義務が終わっても、人は 学び続ける事ができます。人は生涯、新たな知識と出会う事ができます。

Copyright (C)2019将来の為の生活力を身に付ける教育.All rights reserved.